I-LAND(アイランド)エピソード9は果たして悪編なのか!?ケイヒョンに意見できないよぉの乱

DADA言

あんにょん、DADAでございます…

今回は少しばかり神妙な感じで始めようかな…

いや、ここは私っぽく軽快に!!!!!!

ってことでタイトル通り。

I-LAND エピソード9は果たして悪編なのか!?ケイに意見できないよぉの乱

個人的感想をお話したいと思います!!

※基本的にみんな推しのDADAとしては珍しいのですが、今回はちょっとお話したいことがあるので書いてまーす(ノリ軽めだけど結構がっつり言っちゃうよ♡)

スポンサーリンク

エピソード9に一体何があったのか?ちょっとおさらい

では問題をおさらいしましょう!だだん

ケイヒョンに意見できないよぉの乱1

ケイがいつものようにちょっと仕切っちゃう

ケイヒョンに意見できないよぉの乱2

自分の思い通りに寄せちゃう

ケイヒョンに意見できないよぉの乱3

周りも気付いていていながらもしたがっちゃう

ってこのソンフンのハニカミはバレるでしょうよ笑 それか違うタイミングの顔を使ってるか?いや…結構みんなニヤニヤしてましたよね…

ケイヒョンに意見できないよぉの乱4

練習中でも自分と違う意見を好意的にすぐ受け入れない様子…

ってジョンウォナの口よ!!なんじゃこの子は!!!!

それで「ケイヒョンに意見できないよぉ…」の流れ

ケイヒョンに意見できないよぉの乱6

で話し合いして言う

ケイヒョンに意見できないよぉの乱7

ケイ泣いちゃう「ミアネ…」

ふむふむ、なるほどね。

題して「ケイヒョンに意見できないよぉの乱」

ってことで個人的感想言っていきます!!!

個人的な感想

ここからは超個人的感想になりますよ!?

最初に言っておきますが…批判ではありません。みんな推しだからこそ客観視した意見を書きます。あ…あと!!DADAお馴染み(ってお馴染みなのか?笑)MBTI性格診断からもI-LAND考察しているので、ケイ自身や他メンバーのことも客観視して俯瞰できているのではないかなぁと思っています。

では個人的な感想言いまーす!!

個人的な感想①元々そんな感じだと思っていた

ケイのことを近所のお兄ちゃん感って表現を私はしているのですが…今回の件も元々こんな感じの印象だけどなぁって納得していたんですよね。

ちなみに詳しく言うと…私は「近所のお兄ちゃんもしくは憧れのいとこ」って表現しています。実力努力才能のケイとも記しています。

だからこそ、今回起こったような印象だったんですよね。

あ…先に言いますが「ケイの印象が悪かった」という意味では決してありません。

何も意見できない感=絶大なる信頼を寄せたお兄ちゃん感

ってことです。

アイランダーのみんなも元々「そう思っていた」からこそ、PART1でケイの立ち位置は確保されていて…かつ視聴者である私にまで近所のお兄ちゃん感(頼れるお兄ちゃん感)が醸し出ていた訳ですよね。

だからこそ実力努力才能って思っていたのですから。

なので「何も意見できなさそう」とは思っていましたし、全然違和感はなかった出来事でした。

個人的な感想②他メンバーも成熟してきたから仕方なし

PART1のケイの頼れるお兄ちゃん感は、アイランダーたち皆とても助かったと思います。だからこそ、ケイの立ち位置は確保されていたのですから。

ダンススキルも高く、ステージ上でも輝いていて…仲間とも楽しく過ごせているし面倒見も良い頼れるお兄ちゃんですよね。

だからエピソード9で放送されたような「実はずっと思っていた」というような感覚ではなく、恐らく「ん??あれ??なんかおかしいぞ?」感ですよね。

人は成長します。それこそ、I-LANDで言うと殻を破るために成長するのです。他メンバーもデビューに向けて本格的に精神も成長していく中で、自身の中の「ん?あれあれ?」の不協和音を感じたのだと思います。

果たして、ずっと過ごすメンバーにきちんと意見できないのは自分としてどうなのか?と。

ケイがイヤじゃないし、ケイを尊敬してる。恐らく何も意見を言えない自分たちがイヤで、この状況がイヤで変えようとしたのではないでしょうか。

ヒスンが先頭を切ったことも素晴らしい、成長しているなぁと感心しています。あ…なぜこんな上から目線なのか説明すると、個人的MBTI考察通りだったので素晴らしいなぁと。

※別記事で記しますがヒスンは自身の課題を乗り越えているように感じます

あとヒスン、ソンフン、ジェイク、ジョンウォンというケイ以外の4人は全て番人タイプ…言うなら「冷静に着実に、実行するタイプ」です。その中でケイだけが感覚でいくタイプだったのです。

他4人が慎重派で実行者タイプだからこそ、問題を見過ごさず解決しておく方法をとったのかと思います。

実際のところは知りませんよ?当然。

でも本当にそうでなくても、I-LANDの編集はMBTI通りに進んでいるのかと思うほど。

MBTI考察しながら見ているコッチとしても楽しめる番組づくりしているなぁと感心しています(結局上から目線ですね笑)

個人的な感想③ケイ自身が成長できたのか?が最大のポイント

他メンバーは自身の状況を打破するために動きました。ケイを攻撃するのではなく、共にこれからも戦っていきたいから。

ケイへの指摘の言い方も攻撃的でなく有効的に優しく指摘していたし、本当に仲間になるための大切な瞬間でした。

果たしてケイはどうなったのでしょうか?

ケイは「ミアネ(ごめん)」ときちんと謝って、「自信がない」とも言っていましたよね。

ちなみに…MBTI性格診断をつかってI-LANDを斜め目線で楽しんでいる私としては、今回ここがとんでもなく見どころだったのです。

なぜならケイがスランプから抜け出せるか?の状況でしたから。ケイの取扱説明書はまだアップしていませんが…先に言うとケイのMBTI特性ENFP型のタイプから導くと…ケイの成長の見どころは「自分の弱いところを認める」という考察でしたので。

ケイのENFP型タイプは、ポジティブな感情が常にある前向きなタイプ。その反面、ネガティブな部分がないと思い込んでいるタイプでもあります。

それ良いと思いきや最大の弱点にもなるのです。それはネガティブな感情を認識しないことで反省せず強がってしまうという点です。

だからこそをここが見たかった!!

ケイヒョンに意見できないよぉの乱7ミアネ…

良く言えたんじゃないでしょうかね

上から目線だな、おいお前よ笑

ちなみに…なぜ私が上から目線になっちゃうのか?
そう…私もENFP型タイプで特性が一緒なので重々分かるのです!!!このシーンを見ていて、ケイの気持ちもなんとなく理解できたし今までやってきている事や態度に関しても納得できる部分があるのです。要は「
いっぱいいっぱい」だったのですよね。

正直に言うとケイはエピソード8から印象が悪かったですよね。ニキに対しての話し方も有効的ではなかったと思います。

指摘するなら適格に…且つ感情的にならないことが必須だと思うからです。

相手にも感情がありますからねぇ…

でも私はケイの印象の悪い行動が失敗だとは思いません。私としては冷静に「彼が成長するチャンス」だと思っているから。ニキの件、エピソード9「ケイヒョンに意見できないよぉの乱」もケイにとっては成長の一歩かと。

あと今回「ケイヒョンに意見できないよぉの乱」を経て、ニキへの一件も反省しているかな…とは思っているのですが、さすがにそこまでは番組では放送されませんでしたねぇ…

反省しているのかしていないのかは、またまた次の動きで確認しましょう!!

ってエピソード8から著しく票が落ちていたら…客観的な意見を言うと…正直脱落の可能性も大いにありますよね。こればかりは次の金曜日にしか分からず…※ケイペンの方ごめんなさい客観的に言ってます…

今回のケイ問題は、遅かれ早かれ出てきた問題だと思っています。

何か物事を進める時に誰だって意見交換するのは普通ですよね。何も物が言えないのは健全ではありません。ぶつかっても良いからそれぞれ尊重し合って物事を進めることが、更にみんな自由に信頼を持ってパフォーマンスできるのではないでしょうか?

不協和音は…ひずみを生みます。そしてそのひずみが大きく揺るがすことになりかねませんので。

 

と真面目につらつらーっと偉そうに語っていますが…

要は見守ってみようっとってことです!!

あと私のことを言って申し訳ないですが…楽しいのが大好きなのでせっかくだから楽しく見ていたいじゃないですか!!あと成長を幸せに見守っていたいのです…

あとケイに一言!!!!!

敏腕マネージャーセオンを召喚しよう←

ってことで以上です、あんにょん!!!!!!!

 

あ!!!!!次の動画投稿ケイで現在公開しておりまーす!!

I-LANDは益々殺伐としてきますが…DADAは、PAJYOのDADAチャンネルでI-LAND CAM遊びをしながら、とことん笑って楽しませてもらってます♡

なのでI-LAND終わって欲しくない今日この頃…

ではでは。